ファンケル青汁はケール

ファンケル青汁の紹介です。

ファンケル青汁は、国産のケール100%の健康飲料です。

ファンケル青汁は、キャベツの原種のケールを100%原料とした、安心・安全の健康飲料です。

ケールは、ヨーロッパ等ではロールキャベツ等の料理に利用されています。

ファンケル青汁が、多くの種類の健康飲料から選ばれる理由を3つ紹介します。

(1)ケールの栄養成分が豊富であること。

ケール生葉100gの栄養成分を紹介します。
タンパク質・脂質・糖質・リン・カルシウム・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC等が含まれています。

(2)ケールの青汁は整腸作用が優れています。

葉緑素やケールの葉の繊維質で、腸の有害物質の排泄を促進します。

(3)ファンケル青汁の原料は、日本国内で生産されたケールです。

ファンケル青汁を試しませんか。
ファンケル青汁


明日葉の青汁は健康に抜群に良いです!

明日葉は、房総半島や三浦半島、
そして八丈島や大島や伊豆七島等の海岸に生息するセリ科の植物です。

生命力と成長力が抜群に強い緑黄色野菜として、昔から調理して食べられています。

明日葉青汁には、ビタミン類・ミネラル類・食物繊維が豊富に含まれています。

明日葉の茎や根を折ると、黄色いネバネバ液がにじみ出ます。
この黄色いネバネバ液には、「カルコン」・「クマリン」という成分が含まれています。

カルコンは明日葉特有の成分で、
胃酸の分泌抑制作用・強い抗菌作用・発がん性物質の抑制作用・血圧降下作用・血液サラサラ作用等があります。

カルコンは、血液の粘着や凝固を抑制して血栓を予防します。
血栓とは、血管内にできる栓ですね、重大な病気の原因になるので注意が必要です。

血栓ができやすい人は、カルコンが含まれている明日葉青汁を飲むとよいですね。

クマリンは、アルツハイマー型痴呆症を予防する効果があるといわれる成分です。
クマリンには、アルツハイマー型痴呆症を予防の他にも、抗菌作用もあります。
アルツハイマー型痴呆症の予防には、毎日の明日葉青汁がよさそうです。
青汁 明日葉


青汁とサプリメントどちらが良いでしょうか?

青汁とサプリメントの携帯性や飲みやすさについて考えました。

携帯性については。

青汁が粉末状の場合は、青汁もサプリメントも携帯性には変わりはありませんね。

青汁粉末であれば、旅先に持っていって、牛乳や水に混ぜて飲めばOKです。

サプリメントも水があれば、場所とシーンを選びません。

青汁が液体状態であれば、保存方法が面倒で携帯性は重いので不利になります。

飲みやすさはどうでしょうか?

緑黄色野菜が好きな人は、青汁のにおいや味には違和感はないようです。

大麦若葉の青汁はのみやすいですが、
明日葉やゴーヤの青汁はニガテな人もいるようです。

緑黄色野菜が嫌いな人は、青汁を飲むのが苦痛になりますね。

最近は青汁も飲みやすいタイプが増えたようですが、
青汁が飲みにくい人はサプリメントで栄養分を摂取すればよいですね。
青汁とサプリメント


青汁でアトピー改善をしませんか。

アレルギーの人は、血液の酸性度が高いようです。

ケール・明日葉・大麦若葉・ゴーヤ等の緑黄色野菜には、
ビタミン類やミネラル類、そして食物繊維等の栄養成分が豊富に含まれています。

青汁を飲んで血液を正常化すれば、アトピーも改善されます。

緑黄色野菜のエキスである青汁は、
アトピー改善だけでなく、便秘予防・改善や花粉症予防・改善などにも効果があります。

ケールは、キャベツやブロッコリーの原種の緑黄色野菜です。

ケールにはビタミン類やタンパク質、そしてミネラル類や食物繊維が豊富に含まれています。
さらに、葉緑素(クロロフィル)・GABA(ギャバ)・葉酸等も豊富です。

ケールに含まれているビタミン類は、ビタミンA(βカロチン)・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC等になります。

ミネラル類は、カルシウムやリン、そしてカリウム等になります。

カルシウムは牛乳の2倍

ビタミンAはニンジンの2倍

ビタミンCはミカンの2.5倍

カロチンはトマトの5倍あるようです。

豊富な栄養成分のケール青汁でアトピー改善をしてみませんか。
青汁でアトピー改善


女性も男性も、40歳頃を越えると、見かけ年齢と実年齢が分からなくなりますね。

20代と30代と40代の人が並ぶと分かりますが?
40代と50代と60代の人の場合は、?????になることがあります。

男性も女性も、夢があって生活習慣や食習慣に気をつけている人は若いようです。

運動をしている人でも、野外の運動をしている人は肌年齢を隠すのは難しいですね。

今まで見ていた中で、一番若く見える環境の人は次のようなタイプでした。

・室内で行う有酸素運動を定期的に行っている人。
有酸素運動であれば、スポーツ・健康体操・ダンス・舞踊・武道等どれでも変わりません。

・飲酒や喫煙の習慣がない人

・健康な普通体型で、粗食を好む人

・生きがいを持っている人、夢があり前向きな人


このブログ記事について

このページは、fkが2010年2月 2日 14:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「資格を在宅で取りましょう」です。

次のブログ記事は「マイクロダイエットとは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。